頭金を多く用意して余裕のあるローン返済を目指しました。

住宅を購入しようと思ったきっかけは、Uターン転職で家族で故郷に帰ってきたことです。
夫婦ともに、もう一生ここで生きていこうという決意があったことと、故郷に帰ってくる前にも持ち家に住んでいたため、生活レベルを落としたくないという部分もありました。
加えて銀行の金利も超低金利が続いていましたし、日本の国債発行額を見ていると日本円を貯めていてもいつどうなるか分からないので、現金を不動産に変えておきたいと考える部分もありました。

ローン返済に関しては、ボーナス払いはなしにして月々のローンだけにしたので、少し負担に感じるときもあります。
ローン返済のためにあまり美容院に行かなくていい髪型にしたり、子供たちの髪は家でカットしたりしています。
子ども達もそんなにいい大学を目指しているわけでもないので、今のところは親が勉強をみてやって、塾代を節約しています。

どうしても住宅ローンの支払いがきつくて払えないなら売却も仕方ないとは思いますが、今までのところローン返済のために売却を検討したことはありません。
売却しなくてはならないとすると、まず第一に居住環境が今より悪くなると思うのでそのことが一番いやだと思います。
今住んでいるところは海も川も山も見えて自然に触れられるうえ、学校や駅にも近く繁華街へのアクセスもいいので、なかなか良い物件がでません。
いったんここを手放すとお金はまた貯められても、同じような環境の場所にまたちょうど良い物件が見つかるとは思えないので、何としてもまず売却以外の選択肢を色々と模索したいと思います。

住宅ローンの返済に関して専門家の方に一番お尋ねしたいのは、住宅ローン減税のことです。
私は借金額が減っていくのを見るのが快感なので、浮いたお金があるとすぐに繰り上げ返済に回してしまうのですが、ローン減税のことを考えるとあまり返済しすぎるのもかえって損しているのかなと思う時があります。まだ不動産を購入して数年なので今もローン減税されているとは思うのですが、あとから控除されるので結局どれくらい得しているのかあまり分かっていません。
1年のうちで繰り上げ返済するなら1月が一番効率がいいと聞いたことがあるのですが、これもローン減税があるからでしょうか。
またローン減税をすると、ふるさと納税の控除額が減ってしまうという情報も目にしたことがあるのですが、これは本当でしょうか。
だとしたら、うちの住宅ローン残金だとどれくらいまでふるさと納税できるのかも一度聞いてみたいです。