人生の大決断である住宅ローン、私の住宅ローンについて。

私が住宅を購入しようと思ったきっかけは、当時、会社の社宅に入っていたのですが、その社宅から急遽出なければならなくなり、必要に迫られて購入をしました。
急遽、社宅を出なければならなくなった理由とは、その社宅は、家族向けに貸し出しているものだったのですが、私達夫婦が離婚をする事になり、その条件に当てはまらなくなった事から社宅を出なければならなくなりました。

住宅ローンを組む時に、たとえ仕事がクビになっても返済が出来るように考えて、安い住宅を探し、35年ローンを組んだので、ほとんど返済で苦労を感じたことはありません。
あえて言うならば、最近転職をしたのですが、転職先の今の会社では、ボーナスがないことから、住宅ローンのボーナス払いの部分だけ、少しキツイかなのいう感じがします。
ボーナス払いがある月のみ、少し節約をしています。
節約の方法は、ほとんど食費と交際費を切り詰めるという方法で切り抜けています。
簡単に節約出来る部分は、この位しかありません。

住宅を売却する事を検討した事は何度もあります。
住宅を購入する時から、売却する事をイメージして購入しましたので、購入から10年経過した現在もほとんど値段が下がらずに売却可能なので、考え方によっては10年間、無料で住んだのと同じ事になると思います。
売却に抵抗を感じるとすれば、住宅ローンの残債が残るかどうか微妙なラインで売却を検討する場合と、お子様などがおり、その土地から離れる事に抵抗がある場合ではないでしょうか。

住宅ローンについてお聞きしたいと思っていることは、10年前に変動金利で契約をした住宅ローンをより安いローンプランで借換が出来ないかという事です。
また、その借換に掛かる費用やローンを払い切るまでに、どの程度、返済額が減るのかを的確に知りたいです。
また、現在、転職をしたばかりですが、この様な条件でも借換は可能なのかを知りたいです。
売却については、様々な業者に見積を出して頂くと、その金額に大きな違いがあります。
通常は、不動産屋に売却関係をお願いして、お客様を見つけて貰うのが一般的だと思いますが、どんな点に留意すれば、高値で売り抜けるのでしょうか。
また、不動産を売却した時に利益が出ると収入の扱いになると思いますが、その利益に対してどの様な税金がかかるのかを知りたいです。
それに付随して、不動産屋に払う諸費用についても詳しく知りたいです。