後悔はありませんが、ボーナス払い併用は避けるべきでした

住宅ローンを組んでから早5年が経過しました。なぜ住宅を購入しようと思ったかというと、家を建てる前に一戸建てを賃貸していたのですが、どうも払い捨て感がつきまといつつ家賃を払い続けていたため、そろそろ自宅を購入しようと踏み切ったわけです。もちろん、ただ意気込みで実施に踏み切ったわけではなく、今後この土地にずっと住み続けるのであれば、いっそのこと同額家賃の支払い分をローンというかたちで回したほうが将来的にはプラスになるだろうと思ったからです。また、ある程度の場所で家を建てた場合は、何かあっても賃貸に出せるか、土地を売却できるか、または子供に資産として残してあげられるのではないか、ということも視野に入れていました。もちろん、これら以外に、その当時の金利状況が比較的よかったこと、また年齢的にも今購入に踏み切らないと次回は金銭的負担がさらに増える可能性があるかもしれないと思ったという理由もありました。

月々のローン返済額は、以前賃貸で支払っていたときよりも少し高めになっています。もちろん、固定資産税やら、ボーナス併用払いとしての出費もあるため、決して楽であるとは思えません。しかし、キチキチの返済状況ではないとは思っているので、将来的なことを考えると、やはり自宅購入は正解だったと今でも思っています。ただ、ボーナス併用払いにしたのは仕方がなかったのですが、正直かなりきついです。夫のボーナスが予定よりも大幅に少なかったという事情が明るみに出たからです。住宅ローン返済のために節約していることは、金利状況に常にアンテナを張り、借り換えをしてローン返済額を下げられないか、と気にしつつ生活しているくらいです。繰り上げ返済は今のところする予定はありません。

もちろん、住宅ローンの支払いがきつくなった場合は、売却という手段もありますが、どちらかというと売却よりは賃貸の方向で考えています。そして、子供に土地だけでも資産として残してあげられたらと思っています。そのためにもわざわざ高い土地の場所にて家を建てたという経緯もあるからです。もし実際に売却となった場合は、かなり心理面でショックですね。抵抗はかなり大きいです。何よりも、自分たちが時間をかけて探した土地、そしてプランした間取りなどの手間暇を考えると、そう簡単には売却したくはありません。

もし返済や売却に関して相談するとしたら、まずは返済額を大幅に下げるためにはどのような方法があるか聞きたいです。繰り上げ返済を勧める場合、それに伴う諸費用の比較(銀行間での諸費用の比較)、メリットとデメリット、そして繰り上げ返済が実際に我が家の家庭状況を吟味したうえで本当に良い選択となるのか、などということも聞きたいです。また、売却に関しては、売却する場合にどのような方法やルートを通れば売主にとってよい契約条件へもっていくことが可能か、見落としがちな税金や諸費用にどれくらいかかるのか、そして現時点で売却するとすればどれくらいのメリットがあるのか、などという事柄を主に聞きたいです。